moja-moja scrap

Permalink mostlycatsmostly:

(via sanspirit)
Permalink darylfranz:

【画像】暇を持て余した»1がミリタリーな画像を貼ってくスレ
Permalink

パイソンと聞いて飛んできました。はじめまして。
『モンティ・パイソン正伝』の編集をした者です。

モンティ・パイソンがなぜ自分たちのコンテンツを無料公開できるかというと、

1●著作権・原盤権はもちろん、あらゆる権利を自分たちで管理している。
  文字通り「All Rights Reserved」なので、他の権利者にお伺いを立てる必要がない。
2●彼らは40年間にわたって、ファンが*勝手に*自分たちの作品をあらゆる媒体にコピーしてくれることが
  新しい世代のファンを増やし続ける(そして、オリジナルに金を払いたくなる)
  もっとも効果的な方法だということを観察し続け、熟知し尽くしている。

からなのです。
YouTubeのパイソンチャンネルにしても、アカウント取得日を見ると
彼らが*本当に*3年間ファンの勝手なアップロードを黙認し続けていたことがわかります。
勝手にやらせておくのが一番得だ、ということです。
そして、iTunes Storeやamazonで商品を売る準備が万端整ったタイミングで
パイソンチャンネルを「開設」。まったく隙がありません。

で、仮にコンテンツの質=面白いか/面白くないかの話を全部脇に置いても、
今「コンテンツビジネス」を口にする人の中に

1●すべての権利を自分たちで持つための具体的で面倒な処理をやりとげ、
  必要とあればテレビ局との裁判も辞さない(そして、当然勝つ)覚悟
2●自分たちのコンテンツをユーザーがどう*扱いたがる*か、を
  40年=2世代にわたって観察・調査し続ける地道な努力

が、どれくらいあるんですか? とパイソンは逆に問いかけているんですね。
その結果が「23000%の売上増」なんですよ、と。

で、もちろんこれだけの実績を上げてしまえば、
「実際に海賊版で被害を受けてる朕のコンテンツはダメコンテンツと申すか!」
なんて言ってくる人には、心の底からの哀れみを持って

「だってあなた、努力してないでしょ」

と、アドバイスしてあげるほかありません。心から。

「コンテンツの質」という視点から見たパイソンの話(方法論)については、またあらためて。

Permalink asada-santohei:

matakimika:

katoyuu:

hkdmz:

technohell:

nnhkrhsr:

see-you-cowboy:

yasunao-over100notes:

yasunao:

horomoku:
なんぎな日記: 街の風景アーカイブ
Permalink
Permalink
Permalink
Permalink
Permalink ponderation:

Eruption on Mount Etna by Giuseppe Torre 
Amazing Photo!!! November 2013
Permalink
Permalink
Permalink 9200000:

瑞々しい生命力。魅惑的な表情を見せるカエルさん達をマクロ撮影した写真作品
Permalink asiamoth:


父親が森山塔先生で、しかも小五の時に読破したマンガ家って、すごい英才教育だなぁ……!
父と娘とのエピソードも温かくてイイネ!
【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】第四話:山本直樹とトウモロコシの天ぷら - みんなのごはん
Permalink 4gifs:

Puppy growing up, no hesitation on the second jump. [video]
Permalink animusdonandi:

Kyosai Kawanabe 1831-1889 - Hundred Pictures by Kyosai - Bewitched by Foxes Ca. 1850-60
Kyosai Kawanabe was born as the son of a samurai. He was an artist with many skills working as a painter, printmaker and illustrator. As a child he joined the school of Kuniyoshi Utagawa. He is famous for his prints with humorous and caricature like subjects often satirical depictions of the animals and the daily life subjects. His unruly nature caused problems with the humor-less public authorities… apparently none was serious.. He is also nicknamed the ‘comic genius’. Kyosai is said to have had a strong liking for ‘sake’.